in

チャールズ・ホスキンソンは5億ドルの純資産を達成しました(更新

Charles Hoskinson チャールズ・ホスキンソンは5億ドルの純資産を達成しました(更新

起業家は、電子商取引でペーパーレス決済ソリューションが普及している世界で、時流に乗る必要があります。チャールズ・ホスキンソンは、この機会を見てアイデアに投資した人々の 1 人でした。彼はインプット・アウトプット香港(IOHK)のCEOであり、ハワイ出身のイーサリアムの共同創設者です。今日の彼の純資産は5億ドルです。彼が誰で、どのようにして純資産を達成したのかまだ疑問に思っている場合.

ブロックチェーン市場(暗号通貨ネットワーク)のパイオニアと見なされています

Crypto Academy によると、Charles Hoskinson は 1987 年 11 月 5 日にハワイで生まれました。彼の両親は主に自宅で彼を教育し、コンピューターについて実験し、さらに学ぶことができました。皮肉なことに、コロラド州デンバー大学に入学したとき、ホスキンソンは自分の夢が技術者になることに気づきました。そこにいる間、彼は高度な数学と数論の学位を取得して卒業しました。Hoskinson 氏がビットコインについて初めて耳にしたとき、ビットコインへの投資に懐疑的な人が増えていることに気づきました。彼はブロックチェーン市場に興味を持ち、それがイーサリアムを発明するという彼の決断を促しました。彼のために、企業は中央政府の手の届かない、より効率的な支払いシステムを探していたため、ビットコインは金鉱のようなものでした。ビットコインの人気が高まるにつれて、ブロックチェーン市場に対するホスキンソンの情熱も変わりませんでした。彼はオンラインで無料で暗号通貨について人々に教えるという別の道を歩みました。彼のコースには 18,000 人以上が登録し、人気が高まっています。さらに、彼のオンライン スクールでは、Vitalik Buterin と他の 8 人の発明家やイノベーターを紹介されました。その人気を高めています。さらに、彼のオンライン スクールでは、Vitalik Buterin と他の 8 人の発明家やイノベーターを紹介されました。その人気を高めています。さらに、彼のオンライン スクールでは、Vitalik Buterin と他の 8 人の発明家やイノベーターを紹介されました。

イーサリアムを共同設立するためにコンサルティングをやめた

イーサリアムを発明し、IOHK の CEO になる前は、ホスキンソンはビットコイン教育プロジェクトの会社のコンサルタントでした。彼は 2013 年にコンサルタント会社を辞任し、イーサリアムの共同創設者兼 CEO の 1 人になりました。2014 年、彼はダン・ラリマーと協力して BitShares ブロックチェーンを立ち上げました。同社はビットコイン取引所の最適化に重点を置いていました。彼は会社を辞め、ヴィタリック ブテリンと他の 6 人のイノベーターと力を合わせました。そこにいる間、彼はブテリンという名前のチームメンバーの1人と戦いました。Hoskinson はこのプロジェクトを商業化したいと考えていましたが、Buterin はそれを非営利のオープンソース組織と見なしていました。SOMAG によると、Hoskinson は彼の仕事に対して 293,000 イーサを受け取りました。彼はそれをポケットに入れる代わりに、すべてを秘書に渡しました。彼の撤退が、イーサが時価総額1200億ドルに上昇した理由かもしれません。ブテリンとの衝突により、ホスキンソンはイーサリアムとの関係を断つことにしました。ビットコインを購入した後、Xbox、ホスキンソンは彼の決定を後悔しました。彼らの感覚によると、これら 2 つは主要な未開発の生態系です。ビットコインの時価総額は 1 兆ドルを超えましたが、彼はビットコイン ネットワーク上でトークンを開発したくないと告白しています。

ブロックチェーン市場におけるカルダノの人気

Hoskinson の 5 億の純資産は、主に暗号通貨 Cardano (ADA) と Ethereum の成功によるものです。Finty によると、ブロックチェーン市場では、イーサリアムはビットコインに次いで第 2 位にランク付けされています。発明者は常に暗号通貨の世界にチャンスがあると考えており、より多くの人々が暗号通貨について学べば、他の業界よりも優れたパフォーマンスを発揮することを知っていました。ブテリン氏と別れた後、ホスキンソン氏はジェレミー・ウッド氏と共に、エンジニアリングと研究の会社であるインプット アウトプット 香港 (IOHK) を共同設立しました。による フォーブス、デュオは数十万ドルで会社に資金を提供しました。彼らは契約を結び、デジタル通貨の発明を始めました。ビットコインの人気を利用して巨額の利益を得るまで、そう長くはかかりませんでした。フォーブスとのインタビューで、ホスキンソン氏は、仮想通貨の人気が高まるにつれ、会社を清算しなければならなかったと語った。彼の主要なプロジェクトは、より環境に優しいデジタル通貨であるカルダノでした。カルダノは現在、市場で 5 位にランクされており、純資産は 160 億ドルです。彼らはまた、時価総額が 30 億ドルの Ethereum Classic を発明しました。Ethereum は Hoskinson が始めた最初の投資の 1 つでしたが、彼の純資産は Cardano の開発にあると考えています。ブロックチェーン マーケットプレイスは、アプリケーションの分散化とスマート コントラクトの実行において、イーサリアムのように機能します。したがって、ピアツーピア トランザクションを実行したい人は誰でも、Cardano の ADA を利用してそれらを実行できます。カルダノは、ホスキンソンが発見した2015年には人気がなかったかもしれませんが、しかし、ますます多くの人々が彼の進行中の研究に興奮しています。一部の専門家は、間もなくイーサリアムを追い抜く可能性があると予測しています。

彼はインプット・アウトプット・グローバル(IOG)の創設者です。

Hoskinson は、ブロックチェーン エンジニアリング会社である Input-Output Global (IOG) の創設者でもあります。同社は多くのプロジェクトを立ち上げており、最も人気があるのは Agoric スマート コントラクト プラットフォームです。Hoskinson は、営利目的のプロジェクトから離れて、イーサリアム ブロックチェーンの開発を支援する非営利組織にも投資しています。

ホスキンソンは慈善家でもあり、さまざまな組織に資金を寄付しています。彼の会社は 2017 年に、エディンバーグ大学と東京工業大学の学生にブロックチェーン技術について教えるための研究所を改造するための資金を寄付しました。2020 年には、ワイオミング大学のブロックチェーン ラボに 50 万ドルの資金を提供しました。ビジネス志向の人なら誰でも、慈善活動が純資産に影響を与える重要な要素であることを知っています。有名人のほとんどは慈善活動に参加し、恵まれない人々を助けるための組織を作ります. ホスキンソンが後援しているさまざまな非営利プロジェクトのおかげで、人々はホスキンソンの計画を信頼しやすくなっています。カーネギー メロン大学は、ホスキンの慈善活動の恩恵を受ける最新のプロジェクトです。彼は、2021 年に形式数学のためのホスキンソン センターを建設するために、大学に 2,000 万ドルを寄付しました。また、米国の政治について人々に知らせるためのベター エンジェル プロジェクトを後援しています。

チャールズ・ホスキンソンの財産の結論

Charles Hoskinson は、ADA と IOHK の保有と人気が、5 億ドルの純資産を達成するのに役立ったと考えています。彼のブロックチェーン ネットワークへの多大な貢献は見逃せません。彼は 2020 年の世界経済フォーラムで新進の投資家と話すことさえできました。一部の情報筋は、600 ドルの価値があり、カルダノが他のデジタル通貨を上回る限り成長し続けると主張しています。ブロックチェーン市場における彼の知識、経験、および継続的な研究により、彼の純資産も大幅に増加しました。暗号通貨業界はそれをパイオニアと呼んでおり、その価値は非常に高い.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Air Jordan Taco Jay エア ジョーダン 36 "タコ ジェイ" を詳しく見る

エア ジョーダン 36 “タコ ジェイ” を詳しく見る