in

。日本で最も裕福な人々トップ102022

Masayoshi Son scaled 。日本で最も裕福な人々トップ102022

10.武島秀幸–44.5億ドル

武島秀幸。2022年日本で最も裕福な人々トップ10
。日本で最も裕福な人々トップ102022 8

フォーブスは武島秀幸を日本で10番目に裕福な人物として挙げています。彼の父、毒島邦雄は、パチンコ機のメーカーである三共の創設者でした。父は2016年に亡くなりましたが、毒島秀行はすでにこの会社の会長兼最高経営責任者であり、2008年からこれらの役職に就き、1977年から会社で働いています。彼の父も2014年に会社の株式を彼に譲渡しました。姉妹も会社の株式を所有しています。ブスジマは東京に住んでいます。

9.永守重信–45億ドル

永守重信。2022年日本で最も裕福な人々トップ10
。日本で最も裕福な人々トップ102022 9

長森は、エンジンメーカーである日本電産の創設者、社長兼最高経営責任者です。彼は、彼の会社が光学ドライブとハードドライブ用のモーターの世界最大のメーカーであると主張しています。彼の目標の1つは、2022年までに会社の収益を2倍にすることです。彼は、日本で9番目に裕福な男性であることに加えて、世界で9番目に裕福な億万長者としてランク付けされています。彼は2人の子供と結婚していて、日本の京都に住んでいます。

8.森章–47億ドル

森章。2022年日本で最も裕福な人々トップ10
。日本で最も裕福な人々トップ102022 10

森は不動産開発会社森トラストのオーナー兼会長です。また、2016年に社長兼共同CEOに就任した娘の伊達美和子とともに、同社の共同CEOを務める。森トラストは、東京をはじめ、ホテルをはじめとする日本各地に100以上の物件を所有している。とオフィスビル。森は現在80歳ですが、将来に向けて大きな計画を立てています。今後10年間で約70億ドルを新しいプロジェクトに投資する計画があります。

7.高原豪久–52億ドル

高原豪久。2022年日本で最も裕福な人々トップ10
。日本で最も裕福な人々トップ102022 11

高原豪久は、日本で最も裕福なビリオネア10人のリストの新しいエントリーです、とジャパンフォワードは言います。彼は、おむつやナプキンなど、さまざまなパーソナルケア製品を製造しているユニ・チャームのCEOです。この会社の収益のほとんどはアジア諸国からのものです。高原慶一朗の父、高原慶一朗は1961年に会社を設立し、2018年に2人の兄弟と共に会社を継承しました。

6.重田康光–54億ドル

重田康光。2022年日本で最も裕福な人々トップ10
。日本で最も裕福な人々トップ102022 12

重田は携帯電話小売店TshuinのCEOです。この会社は事務機器や保険も販売しています。重田は1998年に会社を設立し、1999年に34歳で日本最年少のビリオネアになりました。彼の人生は2001年にドットコム企業の崩壊の結果として420億ドルの財産を失ったときに逆さまになりましたが、彼は戻って戦い、2005年にフォーブスの世界で最も裕福なビリオネアのリストを作りました。

5.三木谷浩史–60億ドル

三木谷浩史。2022年日本で最も裕福な人々トップ10
。日本で最も裕福な人々トップ102022 13

このランキングを達成するために、三木谷浩史は近年非常に忙しい人です。彼は、日本最大のオンライン小売業者である楽天の会長兼CEOであるだけでなく、米国を拠点とする払い戻しWebサイトEbatesも所有しています。2014年に、彼は米国の電子書籍ストアOverDriveや、自動車サービスであるLyftの12%の株式を含むいくつかの企業を買収しました。2017年、彼はFCバルセロナとゴールデンステートウォリアーズとのスポンサー契約を結びました。三木谷は複数の賞を受賞しており、東京フィルハーモニー交響楽団の会長をはじめ、多くの企業や団体の理事を務めています。彼は1993年に妻の春子と結婚し、2人の子供が一緒にいます。

4.佐治信忠–108億ドル/日本のミリオネア

佐治信忠。2022年日本で最も裕福な人々トップ10
。日本で最も裕福な人々トップ102022 14

佐治信忠は、1899年に設立された飲料大国サントリーホールディングスの会長です。2014年には、メーカーズマークとジムビームのバーボンを製造するUSビームも買収しました。この買収には160億ドルの費用がかかりました。佐治の純資産には、家族がサントリーの物件で所有している株式が含まれています。

3.滝崎武光–186億ドル/日本で最も裕福な

滝崎武光。2022年日本で最も裕福な人々トップ10
。日本で最も裕福な人々トップ102022 15

滝崎武光は世界で69番目に裕福なビリオネアです。彼は、産業用自動化システム用のセンサーと電子部品のサプライヤーであるキーエンスを設立しました。2015年に会長を辞任したにもかかわらず、同社の取締役会に残っている。Investopediaによると、滝崎の純資産は2018年から10億ドル増加しており、ランキングで1位上昇している。

2.孫正義–240億ドル/日本で最も裕福な男

孫正義。2022年日本で最も裕福な人々トップ10
。日本で最も裕福な人々トップ102022 16

昨年、孫正義は日本で最も裕福な男性のリストのトップになりましたが、柳井正に追い抜かれました。息子はソフトバンクと呼ばれる移動体通信会社を設立しました。2017年、この会社の収益は810億ドルでした。ソフトバンクはまた、過去2年間に、UberやWeWorkなどへの投資を含め、他の多くの企業に投資することで分散投資を行ってきました。息子は日本で2番目に裕福な人物であるだけでなく、世界で43番目に裕福な億万長者でもあります。

日本で最も裕福な男:

1.柳井正–249億ドル/日本で最も裕福な人

柳井正。2022年日本で最も裕福な人々トップ10
。日本で最も裕福な人々トップ102022 17

フォーブスによれば、柳井正は孫正義を1位からノックアウトした後、日本で最も裕福な人物です。ヤニアはこれまで日本で最も裕福な人物にランクされましたが、2015年以来リストのトップにはいません。彼はユニクロチェーンの親会社である衣料品小売帝国ファーストリテイリングの創設者です。彼はまた、TheoryやJBrandなどのブランドを所有しています。かつては米国に1,000店舗を出店することを目標としていましたが、タイや中国などのアジア諸国での成長に注力することを優先して、このアイデアを棚上げしました。彼の目標は、彼の衣料品チェーンが世界最大の小売業者になることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

img 4606 日本で最も高価な5つのレストラン

日本で最も高価な5つのレストラン

shutterstock 1574209834 e1603561814588 名古屋のハイキング旅行ガイド

名古屋のハイキング旅行ガイド